水俣病情報センター

 水俣病情報センターは、環境省国立水俣病総合研究センターの付属施設として、平成13(2001)年6月に開館しました。

 当センターは、@水俣病に関する資料・情報を一元的に収集、保管、整理し、広く提供するとともに、水俣病に関する研究を実施する機能、A展示や情報ネットワークを通じて研究者や市民に広く情報を提供する機能、B水俣病に関する学術交流等を行うための会議を開催する機能等を備えた施設です。

 また、当センターの展示内容については、水俣病に関する医学的、自然科学的解説、世界の水銀汚染の状況を中心に展示しています。

 これらの活動を通じて、水俣病についての一層の理解の促進、水俣病の教訓の伝達、水俣病及び水銀に関する研究の発展への貢献を目指しています。

【施設の概要】

鉄筋コンクリート地下1階地上3階建
建築面積767.88m²、延床面積1808.94m²
環境への負荷を抑制するため、太陽光発電、エコボイド、氷蓄熱冷暖房、雨水利用等の設備を取り入れています。

1階
1階 ドーム・スクリーン(みなまたの海など映像を上映)
事務室
2階
展示室
講堂
3階
第一資料室(閲覧コーナー)
第二資料室
研究室
資料整備室
屋上
展望案内板
太陽電池パネル

【展示資料の概要】

水俣病のあらまし
水俣病発症のメカニズムなどについて紹介。
水俣病の原因究明
原因究明に至るまでの様々な研究などの紹介。
水銀の研究
水俣病の原因物質である水銀について紹介。
世界の水銀汚染問題
世界各地の水銀汚染問題(国立水俣病総合研究センターの取り組み)を紹介。
質問コーナー
パーソナルコンピュータを使って水俣病や水銀に関する疑問を解くQ&Aコーナー。
水俣メッセージ
水俣病対策や水俣病の教訓を踏まえた取組などを紹介。