C 水銀の研究(いろいろな水銀)

水銀化合物には数多くの種類があります(無機水銀・有機水銀)。その一例をご覧下さい。
金属水銀
(Hg
体温計などに使われる最も身近な水銀です。気化しやすく、そのガスを吸いすぎると、肺、腎臓、脳などが冒されます。
酸化水銀
(HgO)
ほとんど水に溶けません。防腐剤として使われてきました。結膜炎や角膜かいようをおこします。
硫化水銀
(HgS)
水に溶けません。赤い色素として、神社の塗装や古墳の装飾にも使われました。自然界の水銀の大半がこの形で存在します。
塩化水銀
(HgCl
毒性実験の大半に使われる無機水銀です。消化管から吸収されにくいために、注射によって動物に与えます。重い腎臓障害を起こします。
塩化メチル水銀
(CHHgCl)
メチル水銀の塩化物。水俣病の原因物質です。体内にはいると、体中いたるところに分布します。

トップページへ 
まえへ 
つぎへ