D 世界の水銀汚染問題(世界の主な水銀汚染)

世界の主な水銀汚染

水銀汚染の発生源にはいくつかの種類があります。以前多かった工場廃液や有機水銀系農薬による汚染は、 現在でも開発途上国を中心に発生しているものの、次第に減少しています。これに対して近年問題となっているのは、 金採掘による水銀汚染、廃鉱山からの水銀汚染、そして工場跡地の残留水銀処理問題などです。

現在、こうした問題を抱える地域での水銀汚染への対応や住民の健康状態の調査と対策が急がれており、 当研究センターでもこれに積極的に取り組んでいます。


トップページへ 
つぎへ