D 世界の水銀汚染問題(世界の水銀汚染研究の現状)
 
ブラジル、アマゾン川流域では、1970年代終わり頃から川底やジャングルの堆積土中の砂金採掘が盛んに行われ、 金の精練に使用されている金属水銀による汚染が深刻化しています。 タンザニア、フィリピン、インドネシア、中国等の国々でも同様な汚染が起きており世界の関心を集めています。 これまでの研究で、放出された水銀が河川系に入り、メチル水銀に変化して、魚類などに蓄積していることが明らかになっています。 現在、金の採掘に携わる労働者の無機水銀中毒ばかりでなく、下流の住民へのメチル水銀による健康被害も危惧されています。 このため、多くの国々の研究者が現地入りし、汚染の実態解明に向けた共同調査研究が熱心に進められています。

金採掘に伴って放出される水銀の環境中での循環(アマゾンの例)

 

金属水銀(Hg)は金採掘用イカダから放出され、 そのうち55〜60%は蒸発し、40〜45%は水中に落ちる。蒸発したHg0は大気水の水(HO)、 オゾン(O)で酸化され水銀イオン(Hg2+)となる。 Hg2+は雨と共に地上へ落ちる。 もし土壌が酸性(pH4程度)ならHg2+は有機化してメチル水銀(Hg(CH)となる。 Hg(CHはただちに近くにいる生き物に取り込まれ食物連鎖網にはいる。


トップページへ 
まえへ