トップ > 組織の案内 > 環境・疫学研究部

環境・疫学研究部
環境・疫学研究部は1)水俣病における健康被害やメチル水銀の人体影響に関する研究を行う環境保健研究室、2)メチル水銀の環境内動態や水俣湾における水銀汚染の研究を行う環境化学研究室、3)水俣湾における食物網と水銀の生物濃縮及び水俣地域の大気中水銀濃度・大気中水銀の大陸間移動に関する研究を行う生態学研究室から構成されています。

主な研究課題:
1. メチル水銀の胎児影響に関する研究
2. メチル水銀の毒性防御因子としてのセレンに関する研究
3. 水俣湾における水銀の環境内動態に関する研究
4. 水俣湾の食物網と水銀の生物濃縮に関する研究
5. 大気中水銀の輸送及び沈着現象、並びに化学反応に関する研究
6. 自然要因による水銀放出量に関する研究
7. 胎児性水俣病患者の身体機能及び生活状況に関する研究
研究員紹介
環境・疫学研究部長 松山 明人(併)
生態学研究室長 森   敬介
環境化学研究室長 丸本 幸治
環境化学研究室主任研究員 伊禮 聡
環境保健研究室長 松山 明人(併)
環境保健研究室主任研究員 坂本 峰至
環境保健研究室主任研究員 蜂谷 紀之
環境保健研究室研究員 劉   暁潔