トップ > 組織の案内 > 基礎研究部

基礎研究部
  基礎研究部は、国立水俣病総合研究センター中期計画2015の中で、重点項目「メチル水銀の健康影響」、「地域の福祉向上への貢献」、「国際貢献」に携わっています。メチル水銀中毒の予防および治療に関するプロジェクト研究をはじめ、メチル水銀の選択的細胞傷害および個体感受性に関する研究、メチル水銀毒性に対する修飾因子に関する研究などの病態メカニズムに関する研究や、糖代謝異常のメチル水銀動態・毒性発現へ及ぼす影響に関する研究、水銀・セレンの生物における組織内局在に関する研究などのメチル水銀の曝露・影響評価に関する基盤研究を進めています。また、海外や日本国内から依頼された毛髪の水銀分析を行い、その情報を提供し、さらに水俣病病理標本を用いた情報発信を企画するなど、社会貢献、国際貢献業務にも参加しています。
研究員紹介
基礎研究部長 臼杵 扶佐子(併)
衛生化学研究室長 臼杵 扶佐子(併)
生理影響研究室長 山元 恵
毒性病態研究室長 藤村 成剛
衛生化学研究室主任研究員 永野 匡昭
毒性病態研究室主任研究員 丸本 倍美