トップ > 年報 > 平成19年度[第28号]年報


平成19年度[第28号]年報[PDF版]

30 周年記念特別号の刊行にあたって
特別寄稿 国立水俣病総合研究センター創立30 周年に寄せて
                      環境事務次官 西尾哲茂
  1. この10 年間のあゆみ
    1. 年 表
    2. 予算・組織・定員の変遷
      「第6 回地球環境汚染物質としての水銀に関する国際会議」を振りかえって
                  赤木洋勝(元国立水俣病総合研究センター国際・総合研究部)
          国際水銀会議の概要
  2. この10 年間の業績(平成10 年度〜平成19 年度 ※平成19 年度はUに掲載)
    1. 各部のあゆみと研究業績一覧
    2. この10 年間の研究・業務課題
    3. 国際協力一覧
  3. 中長期目標および中期計画
      中長期目標について(平成19 年9 月)
      中期計画(平成20 年1 月)
  4. 機関評価
      平成20年機関評価報告書
  1. 平成19 年度国立水俣病総合研究センター概要
    1. 組織・運営
    2. 予算・定員
  2. 平成19 年度研究及び業務報告
    1. 地球に貢献する研究・業務
      1. 水俣病に係る社会・疫学的調査グループ
        1)水俣病発生の社会的影響と地域再生に関する研究
        2)公害発生地域の社会史に関する研究
        3)水俣病患者の生活状況調査
        4)胎児性水俣病患者の自覚症状に関するフォローアップ業務
      2. 八代海地域研究グループ
        1)海洋生態系における水銀の動態
        2)低温加熱処理による汚染土壌/底質および水銀含有廃棄物の浄化処理とその水銀回収技術の開発
        3)水俣湾、水俣川等に残留する浚渫対象外水銀含有底質(25ppm以下)および埋設水銀含有底質が水圏環境に与える影響について
        4)メチル水銀の超高感度分析法の開発と大気中水銀のメチル化・脱メチル化反応過程の解明
        5)水俣病発生時期に生まれた不知火海沿岸住民保存へその緒メチル水銀濃度調査
        6)メチル水銀中毒における脳機能の客観的評価法の開発
      3. 八代海地域業務グループ
        1)水俣病患者のリハビリテーションと介護支援
        1. 水俣病患者のリハビリテーション
        2. 介護予防等在宅支援モデル
        3. メチル水銀汚染地域住民の健康増進への取り組み(健康相談、毛髪測定等)
        2)健康セミナー
        3)一般公開
    2. ヒトの健康に貢献する研究・業務
      1. 水銀の作用メカニズムグループ(分子機構)
        1)メチル水銀毒性発現の分子経路の解明とその臨床応用に関する研究
        1. 培養細胞を用いたメチル水銀毒性発現の分子基盤の解明とその臨床応用に関する研究
        2. モデル動物を用いたメチル水銀毒性発現の分子経路の解明と治療に関する研究
        2)神経再生(神経細胞の増殖および突起形成/伸展)に対するメチル水銀の作用およびその薬剤治療に関する研究
        3)腸内細菌叢によるメチル水銀のリスク軽減方法の探索
        4)水銀曝露に対する生体応答に関する研
        1. メチル水銀の中枢神経毒性における脈絡叢の関与に関する研究
        2. 水銀毒性に対する生体防御機構に関する研究
      2. 水銀の作用メカニズムグループ(動物モデル)
        1)Tau 蛋白リン酸化に起因する神経変性におけるメチル水銀の作用に関する研究
        2)メチル水銀曝露によるマウス中枢神経系に対する影響
        3)環境レベルメチル水銀の生体影響に関する研究
        4)無機水銀の神経毒性作用に関する研究
        5)環境エンリッチがラットの脳発達期のメチル水銀投与で起こした神経行動学的障害に及ぼす効果に関する研究
        6)新たなメチル水銀胎内曝露モデル:トゲマウスにおけるメチル水銀毒性
      3. リスク認知・情報提供グループ
        1)日本人の毛髪水銀分析
        2)世界における水銀汚染地域の毛髪水銀調査
        3)低濃度メチル水銀曝露に関するリスクコミュニケーションの研究
        4)魚介類摂食に伴う妊婦・出産年齢女性のメチル水銀曝露評価に関する研究
        5)妊娠中生活習慣および出生後発育と臍帯血水銀濃度に関する研究
        6)胎児性水俣病患者の生活と神経系運動機能に関する調査
        7)水俣病関連資料整備並びに情報発信のためのシステムの開発
        8)研修受け入れ活動
    3. 地球環境に貢献する研究・業務
      1. 地球環境フィールド研究グループ
        1)カザフスタン共和国ヌラ川水銀モニタリングに係わる技術移転
        2)フレンチギアナ河川汚染による人体への健康影響に関する実験的研究
        3)タンチョウヅルにおける水銀の体内分布
      2. 国際業務グループ
        1)国際共同研究事業の推進
        2)開発途上国からの来訪者の研修指導
        3)JICA タパジョス川流域メチル水銀に関する保健監視システム強化プロジェクト
    4. 平成19 年度終了研究・業務
      1. 水俣病に関する研究
        1)水俣病患者の病像調査
        2)メチル水銀の神経障害機序に関する研究
        3)メチル水銀の認知機能におよぼす影響に関する研究
        4)胎児期のメチル水銀曝露の健康影響に関する研究
      2. 低濃度メチル水銀のリスク評価に関する研究
        1)コモンマーモセットにおける微量メチル水銀経世代曝露の影響
        2)胎児性水俣病患者に関する研究〜メチル水銀の動脈硬化に与える影響
      3. メチル水銀による生体影響の解明とその臨床応用に関する研究
        1)培養細胞を用いたメチル水銀の生体内無機化および排出機構の解明
        2)メチル水銀中毒の治療法に関する研究
        3)霊長類ES細胞を用いた環境有害物質の毒性評価法の開発
        4)メチル水銀による蛋白質成熟系〜特にPDI への作用と神経細胞死に関する研究
      4. 水銀の環境科学に関する研究
        1)水俣湾の水銀耐性菌の遺伝学的研究
        2)水銀揮発化細菌を利用した水銀汚染物処理技術の開発に関する基盤研究
      5. 行政研究・業務
        1)ニカラグア・マナグア湖の水銀汚染に起因する環境汚染および健康影響調査
    5. その他研究
          mRNA 監視機構を標的とした遺伝性神経疾患の治療に関する基盤研究
          水銀廃棄物に関する環境適正管理ガイドラインの作成
        国際共同研究
          水銀およびヒ素の分子細胞毒性メカニズム
    6. 平成19 年度共同研究者一覧
    7. 平成19 年度報告・発表一覧
    8. 国水研セミナー2007
    9. 所内研究発表会
    10. NIMD フォーラム2008
    資  料
    1. 平成19 年度研究評価報告書/平成19 年度研究評価委員会評価を受けて着手した対応
    2. 平成19 年度研究企画官会議/平成20 年度研究企画について/平成20 年度研究・業務企画一覧
    3. 平成19 年度人事異動