トップ > NIMDフォーラム > NIMDフォーラム2012




 国立水俣病総合研究センター (National Institute for Minamata Disease : NIMD)では、毎年、国内外の専門家を招聘し、水銀に関するテーマで公開研究発表会 (NIMDフォーラム) を開催しています。
 今年度のNIMDフォーラムは、「水銀の毒性や環境保健に関する最近の進歩」をテーマに、「環境化学・環境毒性に関する国際学会」との共催で開催いたしました。
 ご講演いただいた先生方、そしてご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。


名 称: NIMD and SETAC Asia/Pacific Joint Forum 2012
-Recent Advances in Mercury Toxicology and Environmental
会 期: 平成24年9月27日(木)〜9月28日(金)
9月27日(木)/セッション1・スタディビジット・レセプション
9月28日(金)/セッション2〜4
会 場: セッション/水俣病情報センター講堂
スタディビジット/水俣病情報センター講堂、水俣病資料館、親水護岸・水俣病慰霊の碑、百間排水口
懇親会/福田農場 セビリア館

【フォーラムの様子】
 9月27日(木)13:00から9月28日(金)16:40まで、水俣病情報センター講堂にて、セッション及びスタディビジットを開催いたしました。
 セッションでは、海外の研究者7名(香港、台湾、ブラジル、デンマーク、アメリカ、カナダ)、国内の研究者3名及び国立水俣病総合研究センターの研究者3名の13名が4つのセッションにわかれて、それぞれの分野での研究成果を発表しました。会場には15の国・地域から延べ約120名の方々に参加いただき、質疑応答の時間には多くの質問が飛び交う活発なフォーラムとなり、盛況の内にセッションを終えることができました。

 また、1日目のセッション後のスタディビジットでは、永本賢二さんによる語り部講話「Born with Congenital Minamata Disease」、坂本館長の案内による水俣病資料館の見学、そして親水護岸、水俣病慰霊の碑、百阡r水口の見学を行いました。語り部講話では、参加者が永本さんの話に熱心に耳を傾け、多くの質問や水俣病に対する率直な意見が出されました。




発表中のグランジャン氏

会場の様子

語り部講話の様子

水俣病資料館の見学

水俣病資料館の見学

集合写真


Proceedings

27 September

13:00〜13:10 Opening Remarks: Juichi Abe (NIMD, Japan)
Session T Chair: Laurie H.M Chan (University of Ottawa, Canada)
Mineshi Sakamoto (NIMD, Japan)
13:10〜14:00 Juichi Abe (NIMD, Japan)
“Overviews of the experiences on pollution diseases in Japan”
14:00〜14:50 Laurie H.M Chan (University of Ottawa, Canada)
“Recent advances in mercury toxicology and environmental health”
14:50〜15:40 Philippe Grandjean (University of Southern Denmark, Denmark)
“Susceptibility to methylmercury neurotoxicity”
16:00〜18:00 Study visit
18:30〜20:30 Banquet

28 September

 Session U Chair: Elaine Faustman (University of Washington, USA)
Masaaki Nakamura (NIMD, Japan)
9:30〜10:00 Megumi Yamamoto (NIMD, Japan)
“Increased expression of aquaporin-4 with methylmercury exposure in the brain of the common marmoset”
10:00〜10:30 Samuel Lo (Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong)
“Chronic low-dose exposure to methylmercury is metabolically inhibitory in the somatosensory cortex”
10:30〜11:00 Akira Naganuma (Tohoku University, Japan)
“Studies on proteins that influence sensitivity of cells to methylmercury”
11:00〜11:30 Shoei-Yn Lin-Shiau (National Taiwan University, Taiwan)
“Evidence for the increase of both cellular Ca2+ and oxidative stress involved in toxic effects of methylmercury in vivo and in vitro”
11:30〜12:00 Lunch
Session V Chair: Philippe Grandjean (University of Southern Denmark, Denmark)
Akira Naganuma (Tohoku University, Japan)
13:00〜13:30 Jennifer Nyland (University of South Carolina, USA)
“Evidence for immunotoxic effects of mercury compounds”
13:30〜14:00 Nozomi Tatsuta (Tohoku University, Japan)
“The association of prenatal exposure to methylmercury with child development in Tohoku Study of Child Development”
14:00〜14:30 Elaine Faustman (University of Washington, USA)
“Characterizing and communicating seafood risks and benefits: Cultural and life stage considerations”
14:30〜14:50 Coffee Break
Session W Chair: Laurie H.M Chan (University of Ottawa, Canada) Jennifer Nyland (University of South Carolina, USA)
14:50〜15:20 Toyoto Iwata (Akita University, Japan)
“Effects of mercury vapor exposure on neuromotor function in Chinese miners and smelters: characterization of hand tremor by frequency bands”
15:20〜15:50 Iracina Maura de Jesus (Evandro Chagas Institute, Brazil)
“Environmental exposure to mercury in urban and rural populations from Amazon, Brazil”
15:50〜16:20 Mineshi Sakamoto (NIMD, Japan)
“Mercury and docosahexaenoic acid levels in maternal and cord blood in relation to segmental maternal hair mercury concentrations at parturition”
16:20〜11:35 Summary: Laurie H.M Chan (University of Ottawa, Canada)
16:35〜16:40 Closing Remarks: Juichi Abe (NIMD, Japan)