国立水俣病総合研究センター
トップ > 職員の募集 > 国立水俣病総合研究センター期間業務職員募集要項


職員の募集について
(国立水俣病総合研究センター環境・疫学研究部環境保健研究室主任研究員)


 国立水俣病総合研究センターは、水俣病に関する調査・研究の推進を目的に設立された環境省の直轄研究機関で
あり、メチル水銀に関連する様々な研究活動を行っています。
 今般、メチル水銀の健康影響、住民・胎児のメチル水銀曝露評価法の確立、メチル水銀の経胎盤移行性、魚介類
摂食のリスクとベネフィット等に関する研究活動について、下記のとおり職員を募集します。

1.職名及び募集人員
国立水俣病総合研究センター 環境・疫学研究部環境保健研究室主任研究員 1名
2.勤 務 地
国立水俣病総合研究センター
熊本県水俣市浜4058-18
3.身分及び処遇 国家公務員法に基づく国家公務員であり、分限、懲戒、守秘義務等の服務規定の適用を受けます。
 俸給決定については、一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)が適用(研究職)され、
初任給を決定する際には、学歴、勤務経験等を考慮し決定されます。当該給与の他、該当があれば諸手当
(扶養手当、住居手当、通勤手当等)が支給されます。
4.採用予定時期
平成28年4月1日(金)
5.職務内容
 国立水俣病総合研究センターは、水俣病に関する調査・研究の推進を目的に設立された環境省の直轄研究
機関であり、メチル水銀に関連する様々な研究活動を行っています。
 このうち、環境保健研究室では、発展途上国、高濃度曝露集団及び脆弱性の高い集団における適切な
化学形態別水銀曝露量やリスクの評価を目指して研究を行っています。
 採用後は、環境保健研究室主任研究員として、メチル水銀の健康影響、住民・胎児のメチル水銀曝露評価法の
確立、メチル水銀の経胎盤移行性、魚介類摂食のリスクとベネフィット等に関する研究活動等の職務に携わります。
6.応募資格
 以下の1)〜6)を満たす者。
1)心身ともに健康で、当該職務を継続して勤務することが可能なこと
2)博士の学位を有すること、又はそれと同等の能力を有すること
3)理科系高等教育機関において、環境保健、疫学、公衆衛生又はその関連分野に関する専門教育を受け、
  企業、大学、研究機関等での実務経験を通算で10年以上有すること
4)疫学、健康・栄養調査法及びデータ解析の知識と技術に優れ、環境汚染物質に関する知識と研究経験を
  有すること
5)英語を用いた論文作成及びコミュニケーションが行えること
6)国内外における環境調査や疫学調査等について、全般にわたり意欲的に取り組めること
※ 以下に該当する者は応募できません。
・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者
※ 国家公務員法第81条の2(定年による退職)に該当する者(採用予定日において満60歳に達している者)
は、法令の規定により採用することすることができません。
7.採用及び選考方法
 国家公務員法第36条ただし書の規定に基づき、選考採用により常勤の国家公務員として採用します。
(選考方法)
1次選考:書類選考
※ 書類選考の結果は、応募者全員に通知します。
2次選考:面接による人物試験(これまでの研究概要について、15分程度のプレゼンを行っていただきます。)
※ 2次選考の日時、場所等は1次選考を通過した者に通知します。また、2次選考結果は、2次選考受験者
   全員に通知します。
8.勤務時間及び休暇
(1)勤務時間
 7時間45分/日(週38.75時間)、必要に応じ残業があります。
(2)休暇
 原則として土・日曜日及び祝日等の他、20日/年の年次休暇、特別休暇(忌引、夏季)、病気休暇等が
 あります。
9.提出書類
以下の書類を郵送又は持参してください。
(様式自由)
1)履歴書(写真添付、E-mailアドレスがあれば記載のこと) 1部
2)学位証明書 1部
3)業績目録(著書、原著論文、総説、学会発表、特許、その他) 1部
4)主要論文の別刷り又は写し 5件程度 1部
5)小論文(課題「環境省職員への応募動機と抱負」について、
  1,600字程度で論述すること。) 1部

※ 封筒に朱書きで「環境省職員(環境・疫学研究部環境保健研究室主任研究員)応募書類」と明記のこと。

 応募の秘密については厳守します。また、応募書類については、目的外に使用しないことをお約束し、当方で
 責任を持って処分させていただきますのでご了承願います。
10.応募締め切り
平成28年2月12日(金)必着
11. その他
(1)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を
  提出していただきます。
(2)採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時までに当該所属先から退職していただく
  必要があります。
12.問い合わせ及び書類提出先
1)業務内容に関する問い合わせ先
  国立水俣病総合研究センター
  環境・疫学研究部長 坂本 峰至
  TEL:0966-63-3111
  E-mail: sakamoto@nimd.go.jp
  
2)処遇等に関する問い合わせ先及び書類提出先
  〒867-0008 熊本県水俣市浜4058-18
  国立水俣病総合研究センター
  総務課庶務係長  望月 敦史
  TEL:0966-63-3111
  E-mail:amochizuki@nimd.go.jp

もどる