国立水俣病総合研究センター
トップ > 職員の募集 >国立水俣病総合研究センター期間業務職員募集要項


職員の募集について
(基礎研究部特別研究員)



1.職名及び募集
人員
 国立水俣病総合研究センター基礎研究部特別研究員  1名
2.勤  務  地  国立水俣病総合研究センター
  熊本県水俣市浜4058-18
3. 身  分    国家公務員法に基づく非常勤の国家公務員となり、守秘義務等の服務規定の適用を受けます。
4.採用予定時期  平成30年4月1日以降できるだけ早い時期
5.雇 用 期 間  平成33年3月末まで(但し、毎年度末に実施する勤務実績の確認において、良好な成績を収めることを条件とする。)
6.研 究 内 容   国立水俣病総合研究センターは、水俣病に関する調査・研究の推進を目的に設立された環境省の直轄
 研究機関です。水俣病の原因物質であるメチル水銀の主な標的器官は脳神経系であり、その不可逆的な
 神経機能障害は、未だ最も大きな問題の一つです。基礎研究部毒性病態研究室では、分子レベル
 (遺伝子, 蛋白質), 細胞レベル (培養細胞),個体レベル (実験動物), そして人体レベル (病理組織)
 からの総合的アプローチにより、メチル水銀による神経機能障害の病因と特性を解明し、その研究成果を
 診断, 予防及び治療へ応用することを目指しています。
 
 特別研究員の主な業務内容は以下のとおりです。
 @ メチル水銀の毒性メカニズム研究
 A 学会発表及び論文発表
 B その他研究センターの運営に関する業務
7.応 募 資 格    以下の1)〜4)を満たす者。
   
  1)心身ともに健康で、当該職務を継続して勤務することが可能なこと
  2)採用時に博士の学位を有すること。又はそれと同等の能力を有すること
  3)理科系高等教育機関において、物理、生物、化学又はその関連分野に関する専門教育を受け、学問を
    修めたこと
  4)日本語及び英語によるコミュニケーション能力を有すること
8.採用及び選考
方法
  書類選考及び面接による。
  書類選考後、面接を行う者には連絡する。
9.勤務時間及び
休暇
  勤務時間は7時間45分/日(週38.75時間)、必要に応じ残業があります。
  休暇は、原則として土・日曜日及び祝日等の他、20日/年の年次休暇、特別休暇(忌引、夏季)、
  病気休暇等があります。
10.提 出 書 類   以下の書類を郵送又は持参のこと。
  (様式自由)
  
  1)履歴書(写真添付、E-mailアドレスがあれば記載のこと) 1部
  2)学位証明書 1部
  3)業績目録(著書、原著論文、総説、学会発表、特許、その他) 1部
  4)主要論文の別刷りまたは写し 5件以内 1部
  5)研究内容に対する抱負と研究者としての抱負(A4版2枚程度) 1部
  6)所見を求めうる方2名の氏名と連絡先 1部

  ※封筒に朱書きで「特別研究員応募書類」と明記のこと。
11.応募締め切り   平成30年2月16日(金)必着
12.処  遇  等  特別研究員(期間業務職員)として採用
 任用条件は別紙のとおり。
【問い合わせ及び
書類提出先】
1)研究・業務内容に関する問い合わせ先
  〒867-0008 熊本県水俣市浜4058-18
  国立水俣病総合研究センター
  環境・疫学研究部毒性病態研究室 藤村 成剛
  TEL:0966-63-3111
  E-mail:fujimura@nimd.go.jp

2)処遇等に関する問い合わせ先及び書類提出先
  〒867-0008 熊本県水俣市浜4058-18
  国立水俣病総合研究センター
  総務課庶務係  望月 敦史
  TEL:0966-63-3111
  E-mail:amochizuki@nimd.go.jp



任用条件[PDFファイル79KB]

もどる